イメージ画像

投資に適しているのはどんな土地?投資のための土地を探し出せ!

銀行の金利は無いに等しい。でも投資ってしたことがないし…。今後の自己資金の活用法に不安を感じる方は少なくないようです。投資で少しでも自己資金を増やしたいと考えている早期退職者を含めた投資初心者に、ここでは一つの投資法をご紹介します。それは土地投資法です。簡単に言えば土地を購入し、それを何らかの目的に沿って投資する方法です。ただ、土地を買えばそれで十分なわけではありません。そこで土地投資の概要を一緒に見てみましょう。

土地投資において、どのような土地が投資に向いているのでしょうか。どんな土地を購入すれば良いのでしょうか。土地を購入する前に必ず明確にしておかなければならないこと、それは土地利用の目的です。それが明確になっていなければ土地を購入することは出来ません。目的に沿った相応しい土地を購入する必要があるからです。

土地利用の目的が定まったら、目的に沿った相応しい土地を探しましょう。商業目的かそれとも住宅目的か、住宅目的ならワンルームマンションかファミリー向けのマンションか、色々と目的はあると思いますが、その目的に合う土地を探し出します。そこで条件となるのは、出来る限り安い土地です。ただし安ければ良い、というわけでもありません。土地購入の目的が商業目的で、その土地が超が付くほどの田舎だったら肝心の商売がうまくいかないかもしれません。つまり、土地購入の目的に相応しくない土地というわけです。安い土地でも投資対象として相応しくない土地は避けなければならず、トータル的に相応しい安い土地を探しましょう。

現在の土地状況を調査するのは基本ですが、将来その土地環境がどのように変わっていくかも予測する必要があります。もちろん土地購入の目的も関わってくるのですが、将来的に土地価格が騰がりそうな土地を購入すれば、土地を売却する時に大きな利益を得る事も可能です。

その土地を利用するにあたり、土地利用の目的は法律に触れるものではないかの確認が必要です。例えば、都市計画法、建築基準法、条例、指導要綱などによって土地利用が規制されている場合があります。土地購入後、土地利用の目的を遂行出来ないとなるとかなりの不便が生じたり、または大きな損失を抱える事にもなり兼ねません。土地購入前に必ず法規制の確認をする必要があります。

こうした点に注意しながら土地を購入し、資産運用することができます。土地投資にはいろいろと考えなければならないことがありますし、たくさん法律も関わってきますので単純な投資法ではないかもしれません。一先ずここでは、こんな投資法があるということを覚えておきましょう。