イメージ画像

投資って何?どうすれば投資できるの?あなたの悩み、相談に乗ります

これからの時代、資産形成は自分で手掛けていく時代です。銀行に預金をしていても資金が増える事はありません。年金もあてにできない状況になってきました。自分の所属する会社もいつ倒産するかわかりません。ですから資産形成法を今、しっかりと学ばなければならないのです。早期退職して、自分で資産を築いていこうと考えているのでしたら、そんなあなたは称賛に値します。しかし、資産形成したくても投資の仕方を知らないと先に進めません。ここで投資とは何か、どうすれば投資できるのかしっかりと頭にたたき込んで下さい。

先ずは投資とは何か?という点ですが、簡単に言うと、現在の資金を何らかの形で投じ、投じたお金が経済活動に使われた結果利益を得る事を、一般的に投資と言います。例えば、株式投資であれば株式に自分の資金を投じ、不動産投資であれば不動産に自分の資金を投じ資産形成を試みます。これがいわゆる「投資」です。

では投資にはどんな方法があるでしょうか?上記した株式投資や不動産投資以外にも、いろいろな種類の投資法があります。例えば為替投資のFXや国債や社債に投資する債券投資、または商品投資というものもあります。物件投資や金投資といったものも投資となります。ですから、投資で資金形成をしたいと思うなら、それら投資法から最善の投資法を選ぶ必要があるのです。投資法ひとつひとつを事細かに調査するのも一つの手です。しかし、結局のところ投資は実際に手がけてみないと具体的にどんなものかわかりません。ですから、投資初心者は最初に手掛ける投資としては、比較的簡単に始められる投資が一番適しているのです。

そこで、投資初心者が最初に手軽に始められる投資としてオススメなのがFX投資です。FXとは外国為替証拠金取引のことです。文字通り投資の対象は外国為替です。しかし現物取引ではなく、差金決済取引です。つまり、実際に外貨を手にする取引ではなく、証券口座内の資金だけで取引をする取引です。しくみとしては、一通貨と一通貨の取引となり、片方の通貨が高い時に買って安くなったら売る、またはその逆も可能で通貨が安い時に売り高い時に買う。理論としては難しい取引ではありません。

分かりづらいかもしれないので一つ例を挙げてみます。日本で一番取引されているのは米ドル/円通貨です。米ドルが円に対して安い時に米ドルを買い、安くなったら売ることができます。つまりそれは、1米ドル77円の時に米ドルを買って、1米ドル78円の時に米ドルを売る。これで利益を得られるのがFX投資です。このFX投資の利点の一つは、少額から始められる投資という点です。ですから若い人だけでなくシニアの方からも好まれて使われている投資法です。

投資とは何か、どんな投資から始めれば良いか、この疑問の答えが見いだせたのではないでしょうか。今から真剣に投資に取り組もうとしているあなた。是非、手軽でハイリターンを望めるFX投資で資金を増やしていっていただきたいと思います。