イメージ画像

ここで不安を解消!FX投資で失敗しないコツとは

「銀行にお金を眠らせておいては意味がない」「銀行預金では未来がない」と感じている方が以外にも多いことにびっくりしました。年齢が比較的若い方やサラリーマンの方だけでなく、早期退職を考えている方等々様々な年齢層の方がそのように感じて、資産運用に関心を抱いています。様々な投資法に目を留めているようですが、人気がある一つの投資法はFX取引です。少額の証拠金でレバレッジを利かせて外貨を運用する投資、それが外国為替証拠金取引のFXです。レバレッジを利かせた投資法なのでリスクは0ではありません。ハイリスク?と心配になる方もいらっしゃるでしょう。しかしFX取引がハイリスクなのではなく、取引の仕方次第でハイリスクにもなりローリスクに抑えることも可能です。ではFX投資で失敗しないコツをここで紹介しますので、胸の奥底にある不安を取り除いて下さいね。

FX取引以外の投資でも言える事なのですが、必ず余裕資金で取引するようにしましょう。何か「背水の陣」のような取引をすると資金にも気持ち的にも余裕がなくなります。余裕がなくなると平常心が奪われ、冷静な売買判断を下せません。買うべきでないタイミングで外貨を買ってしまったり、逆にちょっとした為替レートの変動でしなくて良い損切りをしてしまったりするものです。必ず余裕資金でFX取引を行いましょう。

欲張らないことも大切です。資産を増やすことを念頭に置いてFX投資するのは間違っていないのですが、欲を出し過ぎると利益確定が出来なくなってしまいます。それだけではイメージが湧かないかもしれませんので、具体例を挙げてみますね。米ドルと円の外貨取引をしているとしましょう。今現在米ドル/円のレートが77円です。非常に円高水準なので、77円の時点で米ドルを1万通貨買いました。レートが少しずつ円安に振れ、レートが78円になりました。この時点で保有している米ドル1万通貨を売却すれば1万円の利益です。しかし、「もっと稼ぎたい!もっと円安になるまで待とう」と欲張って売却、つまり利益確定をしませんでした。するとレートはみるみるうちに円高になり77.2円になってしまいました。仕方なく77.2円の時点で売却しましたが、得られた利益は2000円に過ぎません。欲張らずに売却しておけば1万円得られたはずのところが2,000円しか利益を得られなかったのです。

これがよくある典型的な話です。とりわけFX初心者に有りがち話なのですが、FX取引ではバランスがとても大切です。欲張らずに適度なところで利益確定をすること。これがFX投資で失敗しない大切なコツです。小さな利益でもコツコツと利益を重ねていけば、トータルではかなりの利益になりますから、決して欲張らずに利益を重ねていきましょう。ここで学んだFX投資で失敗しないコツ、上手に活用したFX投資を行っていって下さいね。