イメージ画像

外国為替に投資がしたい?目の付けどころが良いあなたにFXをご紹介!

60歳定年まで会社が存続するとは限らない。もし仮に会社が倒産するようなことがあれば、退職金は受け取れないかもしれない…と不安を抱くのはあなただけではありません。そして、早期退職して早めに退職金を受取り、その資金を活かして自分で資産運用した方が確実に資金は増やせるのではないかと考えているのもあなただけではありません。意外に多いのです。そこで肝心になってくるのが投資法です。投資方法はいくつもありますから、その中でなるべくリスクの低い且つなるべく資産を増やすことができる投資法を探し出さねばなりません。投資対象の中に「為替」があります。外国為替への投資に関心を抱いたあなたは目の付けどころが良いですね。そんなあなたに、外国為替証拠金取引FXをオススメします。

FX(外国為替証拠金取引)とは、証拠金取引です。FX業者に証拠金を担保として預け、その何倍もの外貨を取引できるしくみになっています。それだけではよくわからないかもしれませんので、実際の例を一つ挙げてみましょう。日本で一番取引されるのが米ドルと円通貨のペアです。米ドルを1万通貨取引するとしましょう。必要な証拠金(担保)は業者によって異なりますが、今現在のレート78円ほどですと約32,000円の証拠金で1万米ドルを取引することができます。つまり、32,000円の証拠金を担保に78万円分(1万米ドル)の取引ができるということです。

上記の例の場合、78円で1万米ドルを買い、その後レートが79円になった場合利益は1万円、逆にレートが77円になると損失が1万円です。上手にリスク管理をすることにより、少しのレート変動でハイリターンを期待することができます。少額の証拠金、何倍もの額を取引することのできるレバレッジ、そしてハイリターン。これがFXの魅力の一つです。

それだけではありません。金利の高い外貨を長期的に保有することにより、外貨預金よりも断然お得なリターンを望めます。FXにはスワップ金利という、銀行の利息みたいなしくみがあります。金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売ることによって、このスワップ金利を受け取れます。しかも毎日受け取れるのです。ですから長い期間保有すればするほどスワップ金利で稼げるのです。

例えばニュージーランドドルを買って日本円を売る取引をしたとしましょう。取引通貨数は1万NZドルです。この場合FX業者によって若干異なりますが、1日50円のスワップ金利が付与されます。これを半年間(180日間)保有すると9,000円付与されることになります。1年間でしたらその倍の額の金利を受け取れるのです。ちなみに1万通貨の取引に必要な証拠金は約2万3千円ほどです。もう少し資金を活用し取引通貨を増やせば、受け取れるスワップ金利もそれだけ増やすことができます。

もちろんFX取引においては、為替リスクや金利変動リスクなども考慮しなければなりません。しかしFX投資なら利益獲得の可能性は無限です。大切な自己資金をFX投資で活用することを心からオススメします。