イメージ画像

資産形成となる不動産投資法、不動産ローンを利用して優位に立とう

手堅い一つの投資法として不動産投資法があります。不動産投資とは、購入した不動産物件を賃貸若しくは売却することによって利益を得る投資法です。例えば中古マンションを購入し誰かに住んでもらえば賃貸料が収入として得られます。また購入した中古マンションを購入価格より高い値段で売却すれば利益が得られます。それがいわゆる不動産投資の基本です。しかし不動産は安い買い物ではありません。早期退職者が退職金と貯蓄すべてを注ぎ込むわけにはいきませんし、比較的若い人はそのような何千万という資金は持ち合わせていません。そこで不動産投資を考えている人には、不動産ローンというサービスを利用すれば不動産投資を手掛ける事が可能になります。

不動産ローンはたいていの銀行で扱っていますから、真剣に不動産投資を考えている人は銀行へ相談してみるのが良いでしょう。不動産ローンを利用すれば、不動産投資で欠かせない資金調達が容易にできます。良い物件を見つけた時に、チャンスを無駄にすることなく投資を始められることでしょう。

不動産ローンを利用することができて、且つ良い物件を手に入れる事が出来たらそれでお仕舞いなわけではありません。そこからが不動産投資の始まりです。不動産投資で重要な事を覚えておきましょう。それは利回りを上げることです。いかに高く売ることを考えるよりも、利回りをよくすることを考える方が不動産投資は成功します。ちなみに利回りとは、資金に対する利益の割合です。例えば自己資金1000万円で利益が100万円なら利益は10%となります。これが利回りです。

賃貸収入がメインの不動産投資を手掛けた場合、どのように利回りを上げられるでしょうか。例えば、家賃が10万円としましょう。収入はそのまま10万円です。しかし利回りを上げる為には家賃を上げなければなりません。しかし家賃を上げると、今度は逆に住んでくれる人がいなくなるかもしれません。そういう場合、一工夫必要になります。内装を改善する、室内整備を更に整える等々、ここに住みたい!と人が思えるように追加投資をするわけです。そうすれば家賃を上げても人が入りやすくなります。このように追加投資をして家賃を上げる事によって利回りを上げるのも一つの方法です。安定した利回りが得られるように投資していくのが、不動産投資の醍醐味かもしれません。

しかし不動産の弱点は、物は次第に古くなっていくという点です。古くなっていくものにいくら追加投資をしても、それ以上の収入、利益は期待できないでしょう。そうしたデメリットを考えると、不動産投資への取り組み方や見方もかなり変わってくると思います。