イメージ画像

本当に賢い人はこうする!貯蓄ではなく頭を使った知恵ある投資

毎月少しずつ生活費をきりつめ浮いた分を銀行に預金し続け、その結果銀行口座にかなりの額の預金ができていてそれなりに満足している人。この人は賢いでしょうか、賢くないでしょうか?客観的に考えて賢いと言えるでしょう。賢くないと生活費を切りつめたり、貯金を増やしていくことはできません。しかし、それよりも賢い選択肢があると言えます。というよりは、今の時代、銀行に貯蓄するだけでは本当に賢いとは言えない時代になってきてしまったのです。日本では長いこと金融緩和政策が採用されていますので、銀行に預金していても利息はほとんど付きません。こんな時代、本当に賢い人はお金を銀行に眠らせるのではなく、投資で資金を増やすことに努めるのです。

年金も当てにならず、会社の経営もあまり良い状態ではない。そんな会社に見切りをつけ、早期退職をして投資を始めようと決断した方も少なくありません。非常に賢い選択だと思います。そのような選択をした方は、これから余裕資金を活かして投資を始めるわけですが、どんな方法で資産運用したら良いのでしょうか。取っておきの資産運用法をご紹介したいと思います。それはFX、外国為替証拠金取引です。

FXは文字通り外貨を運用する投資法ですが、同じ外貨投資では外貨預金がかなりメジャーですね。しかし、外貨預金よりもFXの方がさらにアグレッシブで効率の良い投資法なのです。二つの投資法を簡単に比較してみましょう。豪ドルを1万豪ドル、1年間運用するとどのくらいの収益が上がるのでしょうか。預金を三菱東京UFJ銀行で行なうとします。今現在のレートを1豪ドル77円とし、1万豪ドル(77万円分)を1年定期で預金すると金利は1年で1.87%です。1年後もレート変動なしとすると、税金や為替手数料を差し引き、受け取れる額は合計78万1,680円です。+11,680円の利益となるわけですね。

それではFXではいかがでしょうか。FXは証拠金取引ですから1万豪ドルを運用するためには、33,000円の証拠金で1万豪ドルの取引が可能です(フォーランドフォレックス社参照)。FXは毎日スワップ金利(銀行で言う利息みたいなもの)を受け取れます。スワップ金利は変動するものですが、今の金利を1年間固定で計算してみます。金利は105円/日です。105円を毎日受け取ると105円×365日=38,325円となります。資金は33,000円、1年後に受け取れるスワップ金利は38,325円、明らかにFXの方がお得なのがお分かりいただけたと思います。

本当に賢い人の投資法、それがFX、外国為替証拠金取引なのです。これはもちろん皮算用です。他にも考慮しなければならない要素や、取引前に学ぶべきことがあります。しっかりと準備を整え、大切な自己資金を有効的に運用しましょう。